製作事例:自分自身のためにつくる、テンションを上げるレッドシューズ

IMG_9873

こんにちは。立岡靴工房の立岡海人です。

今日はレディースパンプスの製作事例をご紹介します。

 

「誰かのためにオシャレをするのではなくて、

   自分自身のテンションを上げるために履きたい。」

 

いつもお客様と靴づくりの話をする時には、

「どんな場面で、どんな人に会う時に履きますか?」

という質問をします。

 

「仕事で、お客様と会う(話す)時に黒いパンプスを履く必要があるので」

とか

「冠婚葬祭で足に合う靴がないので」

という方も多くいらっしゃいますが、その中には自分自身が、何を大事にしているのか?が

あまり見えてこないこともあります。

 

例えばビジネスシーンでは、

「この人はものすごいスマートで仕事もバリバリ出来そうな人だな」と思われたいとか

「なんだか話しやすくて、落ち着いた気持ちにさせてくれる人だな」とか。

ビジネスの内容によって、いろいろあると思います。

 

当工房がつくる女性のパンプスの場合は、あまりデザインのバリエーションがないので

基本的なカタチ、プラス色の組み合わせでしかご提案出来ないのですが

それでも、お客様がなりたい姿、イメージに近い組み合わせをご提案させていただいています。

 

 

そして、冒頭の

 

誰かのためにオシャレをするのではなくて、自分自身のテンションを上げるために履きたい。

 

という今回のお客様。ピンヒールレッドシューズで、ライニングはターコイズの組み合わせのご提案となりました。

 

IMG_9904

 

いいですよね。レッドシューズ。

ヒールの高さは7.5センチに抑えましたので、履き心地のバランスがとても良いです。

 

IMG_9906

 

クリスチャンルブタンみたいなレッドソールも出来ますが、今回は通常の黒いラバーソールにしました。

ライニングは、靴を履く時の自分自身しか見えない部分なので、履く時に自分のテンションが上がる色を

オススメすることが多いです。

心がときめく物を目にすることが、その日も元気に頑張れるかどうか。

に影響するのではないかと思っています。

 

IMG_9905

 

街を歩くと、目線が足元に集まる靴です。

ちょっとカッコいいな、とかオシャレだな、って人が自分の靴をちらっと見る瞬間、経験された方はわかると思いますが

相当な快感です。

「今ちらっと靴を良いなって思って見ましたよね?」みたいな感じ、すごい良い気分になります。

 

IMG_9912

 

そんなテンションの上がるレッドシューズをおつくりしました。というブログでした。

いつもお読みいただいてありがとうございます

 

IMG_9877

IMG_9872

IMG_9873

 

誰かのためにではなくて、自分自身のテンションを上げるために履くレッドシューズ

参考価格;54,000円〜

納期:3〜4ヶ月お願いしております。

 

スクリーンショット 2017-04-20 10.35.17

オーダーシューズ&パンプス製作 立岡靴工房

立 岡  海 人

mobile: 080-3882-9078

Mail : info@tatsuoka.shoes

HP : http://tatsuoka.shoes

FB page : https://fb.com/tatsuokashoes

友だち追加

こちらで靴をご覧いただけます。

立岡靴工房

〒700-0824 岡山県岡山市北区内山下2−11−5

OPEN 12:00~20:00 水・木曜定休日

不在の場合がありますので、靴の相談や修理、オーダーの問合せは担当者TEL:080-3882-9078
もしくはinfo@tatsuoka.shoesまでお問い合わせください。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

フォロー、リクエストお願いします!

facebook https://www.facebook.com/tatsuokakaito
Twitter https://twitter.com/tatsuokakaito
instagram https://www.instagram.com/tatsuokakaito/
youtube  https://www.youtube.com/channel/UCKXWeLH9yeOlS06Q1jn96oA
note  https://note.mu/tatsuokakaito

関連記事一覧

  1. 37032483_2195743820454909_1974864625996398592_n
  2. 1476095922563

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP